スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリクレール244なら雪道で滑らない!?

北海道の友人に、マリクレールの244と言う

ブーツを教えてもらった。このマリクレール

244には防水、発熱、防滑機能が付いているので、

雪道を歩くのには、とても便利だし安心だと言う。



今年の冬は寒い。異常と思えるくらい、寒い。

気象情報を見ても雪が多そうだ。私は歩き方が

悪いのか、雪道に弱い。あぜ道を歩くように

地面を両足で挟みながら歩く事が苦手だ。だから、

ほんの少しの降雪でも外出を億劫に思う。


おまけに寒がりだから、猫でもないのに冬は

コタツで丸くなるのが好きだ。家にコタツはないが(笑)。


かと言って、主婦している以上、買い物やら子供の

送り迎えやら、しなければならない事は、超多い。


で、ネットで検索しても良いのだが、最近はマイネット

ワークで情報を集める方が確かだと思っているので、

スカイプで北海道の友人に聞いてみた。何たって、今年の

北海道の降雪は凄い、凄すぎる。地元で重宝しているツール

を教えてもらうのが一番だよ。


そこで教えてもらったのが、頭に書いたマリクレール

244なのだ。品番まで指定してくるところが、凄くねぇ!?

ダチコのお気に入りぶりがよく分かるってもんだわ。


何でも、友人の友人は滑った拍子につい体を支えようと

地面に腕を伸ばし、伸ばした腕が雪道を滑って骨折。

全治3ヵ月だそうだ。


ダチコは、もうだいぶ前からマリクレール244を履いていて、

そんな心配はないそうだ。だから、私もマリクレール244を

買う。餅は餅屋。桶は桶屋だ。(意味、分かるかな(爆)。




スポンサーサイト

もうお年賀ギフトに悩まない


もう12月だ。お年賀ギフトを考えなければ!!

うちは夫も私も社交的だから、お年賀ギフトを

贈る先が多い。お歳暮も大事だが、どちらかというと

うちはお年賀ギフトに力を入れている。

何故かと言えば、年末は忙しいからいただいたお歳暮も

ゆっくり確認することができない。でも、年始は年末の

バタバタが収まって、まったりとした気分でお年賀ギフトを

確認できる。やはり、年賀ギフトの方が新年の気分に相応しく

晴れやかにウキウキ気分で開封できるのだ。

だから、うちではお歳暮よりもお年賀ギフトに力を入れる。

そういうしきたり?で長年やってきたからかどうか、

分からないが、お歳暮を贈ってくれる人もやがてお年賀ギフトに

変わってきた。これは嬉しい。本当に嬉しい。大人のクリスマスの

ような気分でお年賀ギフトを楽しめる。


で、何を贈ろうか毎年悩むのだが、インターネットの普及は

恐ろしく楽しい時代を作ってくれた。ネットショッピング

だからと言って、怪しいことや危ないことはほとんどない。

安心して贈れるし、いちいち出かけなくても、いろいろな

商品が家に居ながらにして選べる。ホントに良い時代に

なったものだ。さあ、来年のお年賀ギフトは何にしよう。



バレンタインギフトにチョコレートではマンネリだ。


今年、2013年のバレンタインギフトはどうしよう?

義理ならチョコレートで良いのだけれど、大切な人には

チョコ以外のものを贈りたい。もともと日本でバレンタイン

デーにチョコレートを贈るのは製菓会社の企画? イベント?

キャンペーン? だったはずだ。西洋ではバレンタインギフト

はチョコに限らないはず。

最近では、バレンタインギフトにシャツやネクタイなどの

ファッションアイテムを贈る人も多いと聞いている。

時計やアクセサリー、財布などの小物なんかも、相手に合わせて

選んで贈る事ができるから、バレンタインギフトとして人気が出て

来ているらしい。

相手の趣味や嗜好に合わせたインテリア雑貨なんかも人気が集って

いるようだ。お揃いのペアのアクセサリーも良いな。インテリア雑貨

なんかも人気らしい。流行の間接照明も二人の関係を盛り上げそうだ。

もう、バレンタインギフトもチョコレートではマンネリだ。これは!

と言う相手には、工夫を凝らしたものを贈りたい。


お歳暮はカタログギフトで


お歳暮のシーズンだ。ボーナスが出るまでに

お歳暮ギフトを決めておこう。田舎の両親や

恩師、夫の上司に贈るお歳暮ギフト。今年は

何にしよう。

調味料の詰め合わせ。ヘルシーオイルの詰め合わせ。

ドレッシングの詰め合わせ。いろいろあって悩む。

コーヒーのセット。ビールのセット。お歳暮ギフトは

多彩だ。何を贈ったら良いのか迷う。


やはり、去年贈って喜ばれたものが良いのだろうか?

いっそ、電話かメールして訊いた方が良いのかも。

もしかして、他のお歳暮ギフトとダブってしても

やだし。1年では消化しきれないような調味料の

お歳暮ギフトが山になっていたりしたら、笑えない。

1年間、家族では飲みきれないようなコーヒーの

お歳暮ギフトが部屋を占拠してるなって考えたくもない。

あっ、結婚式の引き出物みたいに、カタログを贈る

というお歳暮ギフトはないのかな。

あああ、あった!!!


凄い! 凄い!! 凄い!!!

あるんだ!! これは良い。相手の事を考えるのも

楽しいが、相手に考える楽しみ、選ぶ楽しみを

味わってもらうにはこれが一番だ。

カタログをギフトにしよう。カタログギフトなら、

悩まなくて済む。万歳。



北海道グルメをお歳暮、お年賀に


北海道グルメをお歳暮、お年賀にしようと考えている。

北海道の名産品は本当に種類が多いから、選ぶのも

大変だが、毎年同じものを贈るより、選ぶ方も楽しいし

贈られる方も楽しいと思う。贈り物のワンパターンは

嫌いだ。贈られる人の事を考えていると言う思いが

伝わるのは、やはり毎年、違うものが届く点だと思う。

その点、北海道グルメは種類が多いから選びやすい。

実は北海道グルメを北海道の友人に贈った事がある。

これが案外受けるのだ。北海道人は、北海道グルメを

贈られる事が少ない、と言うか、ない。

北海道人が北海道グルメを贈られる。これは盲点だった

ようで、今までで一番受けたのではないか。

ラーメン。カニ。ハム。スイートポテト。新米。海鮮。

まだまだあるが、ジモピーだから、全部の名産品を

食べているとは限らないのだ。

ジンギスカンだって、テレビで紹介された炭火焼きセット

だって、地元以外の人間の方が詳しかったりする。

よし、今年も北海道の友人には北海道グルメをお歳暮か

お年賀に贈る事にする。

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。