スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスの自分ご褒美はティファニー


今年もクリスマスの自分ご褒美はティファニー。

ティファニーのジュエリーを定番とか通俗とか

言う人もいるけれど、言いたい人には言わせて

おけば良い。価値観は自分で決める。人に

とやかく言われても私は気にしない。

私にとってティファニーは神だ、守護神だ、背後霊だ。


ネックレス、ブレスレット、ピアス。どれをとっても

私を癒やす。身につけているだけで全能の感覚が

全身を包む。人に見られなくても良い。


ティファニーと私が、宇宙のまっただ中で、ただふたつ、

それだけの存在としてただ互いを見つめ合う。そんな

感覚が好きだ。おかしい?


最近では「キーコレクション」が気に入っている。

ティファニーは不思議だ。他の人が持っていても

他のブランドのように嫉妬しない。同じもの持って

いる事に羞恥を感じない。


ティファニーは、身につけた時から自分のブランドになる。

自分というブランドになる。これは稀有の事だ。

どこのとは言わないが、他のブランドはブランドが全面に出て、

ブランドが持ち主を従えているみたいだ。ティファニーは違う。


あくまでも持ち主を立てるか、持ち主と等価の輝きで輝く。

こんなジュエリーブランド、ちょっと、ない。
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。