スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビールは冬こそ美味い


ビールは冬こそ美味い。キンキンに冷えたビールを

ぬくぬくと暖房の効いた部屋で呑むのが最高に美味い。

だから、冬のお歳暮でもビールギフトが選ばれる事が

多い。

私たちの新婚旅行は、ビールの美味い国、ドイツだった。

ロマンチック街道、メルヘン街道を南下するツアーだった。

ボック、ドルトムンダー、ヘルスラガー、ドュンケルラガー。

それこそ、いろんな種類のドイツビールを呑んだものだ。

ソーセージも美味いし、言う事のない旅だった。


しかし、それらのビールはどうも日本人には合わないような

気がした。微妙に日本人の味覚にはピンと来ない気がした。

ツアーも終盤、ある町で自由時間があった。プラプラ歩いて

いると公民館らしきところの前で、ビールを売っていた。

頼んだら、ジョッキに泡一杯入れた。えっ、それを売るの

と思ったら、黙って泡の引くのを待っている。


ある程度泡が引いたら、またゴボゴボと泡一杯に注いだ。

その泡も引いたら、ようやく3回目を注いで渡された。

口を付けたら、何とも泡がクリーミーで分厚く、コインを

乗せても落ちないような感じだった。

一気に喉に流し込んだ。不味かった。ぬるいのだ。

ドイツのビールは、観光客の泊まるようなホテル以外では

冷やさない?

中国に行った時は、帰国したら横浜の中華街に行こう、が

合言葉だった。ドイツに行った時は、帰国したら日本のキンキンに

冷えたビールが呑みたいが、合言葉になった。













カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。